鎌倉を観光した感想 日本哲学&暮らし方

Art & Culture
HORRY
HORRY

どうも!Horryです!2019年の頭に鎌倉に行ってきました。私としてはフィラデルフィアに行く感覚(フィラデルフィアも過去にアメリカの首都だったこともありますし)、日帰りで行けるということでフラっと行って参りました。

だいぶ古風ですけどね。神社とかお寺の観光は、西洋の教会に足を踏み入れた時の感覚(例えば、神聖、芸術的啓蒙、豪華さ)とは違い、「わび、さび、幽玄」の3つの雰囲気を感じます。すこし悲しく、思い煩うような気持ちになりますので「観光=楽しい」で縛りきれない点はあると思います。

HORRY
HORRY

そうですね、シュールなところはあると思います。せっかく日本にいるので、日本文化を世界に発信できればと思い、行ってきました。鶴岡八幡宮を訪れて思ったことを書きます。

鶴岡八幡宮、名前は聞いたことぐらいはあるが、観光地としての魅力はどれぐらいあるのか?
応神天皇‎、比売神‎、神功皇后(新羅を攻めたことで有名)を祀っていると言うけれど、どれぐらい当時の武士に影響を与えたのか?
HORRY
HORRY

しょうじきな話、私は寺や神社を参拝してもパッとするタイプではありません。上記の神々もアマテラスやスサノオとくらべるとパッとしないですし、同時の源氏の戦士も江戸幕府の武士に比べるとそんなに聞いたこともありません。江戸城みたいな痕跡も堀もありませんし、なんとなく観光していました。

800年以上前の事ですから、残っていたほうがすごいのでは?

HORRY
HORRY

凄いと思ったのは源頼朝は流浪の民だったようで、そこから征夷大将軍まで成り上がったという点ですね。それで出世のパワースポットと言われるのは納得です。町を開発したのも頼朝ですので、町全体でみると観光地として素晴らしいですが、頼朝の所縁がある鶴岡八幡宮として有名なだけで、なんというか見栄えの壮大さに欠けるというか、なにも前知識がない観光客が訪れても正直インスタ映えレベルは☆3くらいに留まってしまう感じがします。

神道以外にも仏教系の観光名所がありますよね?

HORRY
HORRY

はい、私は浄土宗の長谷寺にいきました。海外はZenが人気ですので、臨済宗や曹洞宗の寺も鎌倉にはあります。私もこうやってブログで振り返っているのは少なからずZenのマインドコントロール方法に傾倒しているからです。

HORRY
HORRY

明治時代の話になってしまいますが、神道は日本人を戦争のためにまとめ上げる上のナショナリズムで非常に重要な役割を果たしました。上司のために敵を討つなどの上下関係や年功序列の発送も神道や武士道からきています。鎌倉時代も、それなりに源氏を統制する上で同じような効果があったのではないかと思います。

神社をメインに鶴岡八幡宮として置いた理由ですか?たしかに仏教は自分の幸せの在り方を考えたり、極楽浄土に行くために苦から解放される方法を探すなどがコンセプトとしてありますが、神道は古事記の内容でもあるとおり、領土を増やしたり、人口を増やしたりと国の繁栄させる考え方がありますね。

HORRY
HORRY

仏教のZenの考え方も武士の統制には必要ですけどね。瞑想するだけで大人しくなって歯向かってこないので。鎌倉時代ぐらいは神仏習合の考え方があったでしょうから両方の良い点を活かしていたという感じでしょうか。

なるほど

HORRY
HORRY

しかし、日本人ってしっかり働いて休日は休む、楽しむ、+アルファで「わび、さび、幽玄」を鑑みる文化がありますよね。恋愛とかでもそうだと思いますけど。恋文書いたり。仕事していてもそうなのですが、日本の職場の人間関係ってアメリカのソレよりもディープでドライ、規範意識の中で情熱的に働くものでかなり激しいものだと思います。仕事が大変なので、休みの日は派手なことをせず、厳かに過ごすぐらいがちょうどいいのかも?うまく言葉で表現できませんが、休日はパーティーの外国人にどのように包括的にこの文化を理解してもらうかが大切だと思います。私ですら良くわかっていない点が沢山ありますので。

たしかにわびさびの世界観を考えると、小さな心遣いで心温まる体験って海外にいるとあまりないです。ただそれは常に幸せだから、見えなくなっている可能性もある。日本、仏教では苦を元にしていて、苦を減らすのが目的。たまにそれが小さなことで楽になる。それが言葉にできない何か良いもの。西洋では楽になるためのポイントを積み上げていく。考え方も違いますからね。小さな幸せに気づきやすいのは苦が先にある仏教かもしれません。

HORRY
HORRY

私も良く葛藤するのですが、(日本とアメリカのライフスタイルはどちらがいいか)正直両方メリットとデメリットがあってわからないですね。熟練度にもよると思いますが、デメリットは双方減らせますけど。逆にそれを二刀流できるメリットは何なのか、日々探していたりします。

鎌倉を観光してみてのまとめ、メリット
  • 楽しい=観光でない。と、深く考えるきっかけになった。
  • 逆に「観光=パワー」と考える上での参考材料になった。
  • 考えてみればNY郊外(ロックアウェイビーチなど)、なかなかのわびさび感だった。しかしわびさびを形に出してカルチャーにしている感じはない。
  • 西洋と東洋の文化比較になった。
  • 日本の神道を勉強するきっかけとなった。GHQのおかげで本当に学校でなにも習わなかったのだと痛感した。
  • 外国人に日本人の精神性を伝える難しさがわかった。

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

コメント