日本の外国人労働問題を救う

Economy

 

HORRY
HORRY

どうもHORRYです。今回は日本の外国人労働問題と価値観について書いていこうと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

HORRY
HORRY

正直、今まで見てみぬふりをしていたところがあったのですが、日本人労働者から労働者への差別がひどいことについて深掘りしたいと思いました。きっかけの記事は以下です。

 

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

アメリカ国防省が、日本での外国人実習生を守るために提言しているニュースですね。

 

HORRY
HORRY

はい、私自信、日本で生活して、主に英語が話せないベトナム人が被害に遭っているのをよく見ます。日本語なんて世界の言語基準でもすごく難しくそれをそれなりのレベルで話せる彼らに対して、日本で育って大人になった何の国際理解もない日本人が差別、奴隷的に外国人を蹂躙しています。

 

外国人に日本の末端の業務を任せると言っている割にはやることが姑息ですね。

 

HORRY
HORRY

はい、レストランに客として入った時にそのような光景を見ました。1人の日本人男性スタッフが外国人を目の下的にして、ありえない暴言を吐きまくっていました。クチコミに書いてもいいのですが、正直、世の中で普遍的に起こっていることですのでブログに書いています。

 

アメリカでは不法労働者ですら、高い賃金で感謝して雇われるにも関わらず、日本にくる外国人はお金を払って学校に行って日本語を習得してかつ、合法的に労働しているにもかかわず酷い仕打ちですね。

 

 

HORRY
HORRY

その通りです。私自信、ベトナム語を話せないので申し訳ないですが、フィリピン人とかはそれなりに英語が話せるので、割といい仕事につくことができます。ベトナム人はなるべく言語を使わない裏方の清掃とか、力仕事とかよくてレストランのウェイターです。確かに日本人でも、ブラック企業などで人間として扱われない人もいますし、そんな中、優秀な外国人が外から来ると劣等感から逆に彼らを差別するという考え方になる道筋はわかります。

 

日本人でブラック企業に長年耐えうる力があるのであれば、一度アメリカにでも行って、Under the tableでもいいので働きながら国際的感覚を養うことができるはずなんですけどね。倫理的に非合法な日本企業にいるのは正直、海外で無許可アルバイトしているのと表向きそんなに変わりませんし、人間中身(インテグリティー)が大切だと思っている真面な日本人経営者は世の中にはたくさんいます。

 

 

HORRY
HORRY

若い世代は海外に行って、現地の人にお世話になることが大切だと思いますが、一生日本が好きで日本にいるタイプの人もいます。稀にそういった人たちは外国人全般を「自分の世界観への侵略者」として拒絶します。日本のアニメだって海外に行ってから見た方が良さがわかるものが多いのに残念です。日本の漫画家、アニメ作成会社だって最初から日本人だけにウケようと思って作ってはいません。

 

 

日本人は民度が高く、仕事となると非常に真剣で、有能な人間が多いのに、ちょっとしたコミュニケーションや感覚のずれが、外角人労働者にとっての差別になることは今後の日本にとって、大きな課題です。まして観光大国を目指すということは、日本を好きになった人はそのまま留学、就職してもらえるシステムを目指さないといけないと思います。

 

HORRY
HORRY

私自信、これといってこの問題に対して何か直接できるわけではないですが、今後社会で活動していく中で、会う人会う人にこの状況を広めていきたいと思います。

 

コメント