英語の先生として教えることはできる資格はあるが、、、

English
Horry先生
Horry先生

どうもHorryです。いつの間にか、中学生や高校生に英語を教えられるレベルまで到達していたので学生向けの記事を書いていくことにしました。

本当ですか?

Horry先生
Horry先生

まぁ、はい。私は英検準1級で、TOIECは845点。正直、テスト系英語は苦手だな、TOEIC満点も取れないのであれば学生に英語を教える資格はないと思っていました。しかし、以下のサイトを見ると、、、

 

TOEICスコア650未満の目安 英検・センター試験・TOEFLスコア比較一覧表
「英検とTOEICスコアの相関関係」に関してなど様々な統計から導いたスコア一覧を紹介します。コメントが増えてきたので、[[T

TOEIC845点あれば、大学入試センター試験の英語はほぼ満点ということですか。。

Horry先生
Horry先生

そういうことです。いつの間に学生の時の英語勉強したっけ?とか思いませんか?分詞構文、不定詞、過程法過去とかいくら高校時代に頑張ってもできず、挫折した英語だったはず。いつ突破したと思いますか?

突破しているようで突破していない、突破しなくても点数を取る方法が別にある、、ということですか?

Horry先生
Horry先生

その通りです。僕は先ほど16年ぶりに高校のテキストを開き、過程法過去のページを見ました。Wouldの使い方は大きく分けて2つある(Willの過去形とWillの過去形ではなく単純に可能性の表現)!そうなの!?という感じです。確かに使い分けてはいたけど、そう完結できるの!?という感じ。無生物主語について書かれているページに対しては「確かに言われていればそんな表現、自然に使っていたな」ぐらいの感覚で、何!?無生物主語って!?どういう意味?という感じで、その「無生物主語」という言葉の方が気になって英語の勉強が進まないという異次元感があります。

深入りすると論理的に考え込んでしまって難しいと思ってしまう、、、なんか文法のトラップに沈み込んでしまうような気持ちになりますよね。

Horry先生
Horry先生

そうですね。ある程度、英語力に自信がつくまでは高校の英文法の本、見ない方が英語好きが続くのではないかとも思います。

英語を楽しく上達させるにはHorry先生のよくやる、「英会話→ドラマを英語でみる→外国人の友達を作る→英語で記事や本を読む→英会話のサイクルで」、あまり高校の教科書は使わないんですね。

Horry先生
Horry先生

中学校、高校の英語は理論といいますか、テニスでいうとテニスのテキストブック的なものですかね。読んでいても知ってはいるが、うまくはならないという感じが表現としては近い気がします。

でも理論もなんだかんだ大切じゃないですか?社会や海外に出て、「ああ、これ学生の時にやった文の組み立て方だ!」と気づけば感動ではないですか。

Horry先生
Horry先生

たしかに、自分で気づくことによって自主性が生まれますからね。でもそれは「社会や海外に出れれば」の話じゃないですか。実践的に英語を使う機会に恵まれず、理論につぶれて、腐りきって無になってしまう人だっています。

まぁそれは切ないですけど。日本で外国人の友達なんてそう簡単にできない、まして英語を使って仕事をするなんて限られています。そりゃ、外国人の友達がたくさんいれば英語を使えて楽しいんでしょうけど、日本では難しいです。英語は試験に受かるためだけのツールとして考えればいいと思っている日本人は多いはずです。学校の授業やテキストの範囲だけを一生懸命真面目にやるしかないんです。

Horry先生
Horry先生

試験に受かるために手っ取り早く学ぶにはあの「難解な高校の英語のテキストを理解、まる覚え」ですか。一理あるかもしれません(僕は無理でしたが)。私としては「楽しい」がベースにないと物事はうまく進みませんし、あの難解なテキストを、外国人の友人がたくさんいて当たり前のように英語を使える環境と同じ楽しさにもっていくことがキーになりますね。

ただそれって普通の学校の先生じゃできなくないですか?

Horry先生
Horry先生

普通の進学クラスであれば、「国がやれ」といった指導要領内のことしか教えることは難しいでしょう。私の中学校の先生はビートルズの音楽を授業中に流してくれました。ただ、7割は「国がやれ」といったテキストブックになぞらえて授業が行われます。アメリカ人やイギリス人を呼んで、実践的な英語教育に力を入れている学校もありますし、一概には言えないですけど。

ついでにいえば7科目受験ですと、そこまで英語に回している時間もありません。無理矢理、理論を詰め込んで苦行に耐えるしかないんです。

Horry先生
Horry先生

いえいえ、楽しめるチャンスはあると思いますよ。7科目って国語や歴史に理科、地理や倫理なども含まれていますよね?逆にそれらに知識がなければ英語のテストは楽しく解くことができません。結局、英語で文章で出てくる問題の内容はそれらについてですからね。

なるほど、何かしら楽しみ方はあるということですか。

Horry先生
Horry先生

はい、私は基本的に楽しんで勉強することしか考えません。(楽しくなくなりマイナス思考に陥った結果、どうなるかは体験しています)

その方法を私が伝えていくことが自分のポリシーではありますが、正直、公式な英語塾の塾講師、学校の英語の先生としては無理ですかね。(苦笑)

コメント