英語でドラクエ11 旅の記憶 6 イギリス英語ぎっしり。

English

どうもHorryです。いきなり話は脱線しますが、、、

最近でた24インチのiMac を買おうかどうか迷っております。

HORRY

Blenderという3D作成ソフトを以前つかったことがあり(Core i5ぐらいのCPUでやっていた)、 24インチのIMac だとM1というCPUでかなり早くなります。

24インチよりも27インチのiMac でメモリを増設した方が、3Dのレンダリング作業はもっと早いのですが、そこまで3Dで遊ぶというよりは、ブログやエクセルなどの作業をメインでできればと思います。

24インチは6スピーカーシステムで、27インチのiMac よりも高音質ですのでNetflixなども楽しんで視聴できそうです。(何よりオシャレで軽い)

前は3Dモデリングの応用でUnityを使いゲーム作成、プログラミングの領域までNY時代は手を出していたのですが、バーチャルリアリティー系の分野を専門にするわけではありませんし、単純にBlenderのマテリアル機能でガラス細工のような綺麗なオブジェクトを自由に作ることができれば十分楽しいのではないかと思います。

この1年間はパソコン代わりに比較的新しいタイプのIPad Airを使っていましたが(7万円ほど)、IPadなしでは生活できないほどの活躍ぶり、コスパの良さでした。Googleスプレッドシートは最低限IPadで使えますし、ネフリやYoutube、Goodnote5はかなりIPad上で大活躍しました。

iPadでできないことは冒頭でも書きましたが、中堅レベルの3Dモデリングです。モデルのマテリアル属性化、レンダリングなどはIPadではできません。デザイン重視の私にとってはそれは重要な機能です。

プログラミングなどもそうですが、ある程度コミットメントが必要な作業となると寝ながらiPad を気分気分でいじることぐらいしかできないと成立しません。腰を据えてやれば自分でUnityとBlenderでNYの摩天楼を作成し、ゲームを作ることも可能です。3Dプリントをし、NYアイテムを販売することができます。

全然関係ないですが、白い恋人のアイスクリームというものが巷では流行ってます😎

さて、本日もドラクエで学んだ単語を消化していきます。

  • Banjaxed

意味は(アイルランド系スラングで)、(くたびれて)ぼろぼろになる、取り壊される、台無しになった、などの意味があります。

  • Chock-full of

〜でぎっしりと詰まった。という意味。スタジアムがファンでいっぱいで詰まっているなどのニュアンス。

  • Happy-Clappy

重複単語です。Evangelical Christian の方たちのように、手拍子で聖歌を歌うようなキリスト教徒を指す単語です。プロテスタントの人たちを指し、ゴスペル(福音)で歌を歌いながら手を叩く人たちを見ます。

  • Mumbo-Jumbo

「何をいっているのか分からない言葉」「ややこしい無意味の儀式」「迷信的な崇拝仏」という意味があります。

昔、中学生の時にマンボーというあだ名の中学生がいました。イギリスではこんな意味になってしまうとは。。

  • Hanky-Panky

「インチキ」という意味になります。Hankyだけではハンカチという意味、Pankyだけでは「完璧!」というスラングになるようです。不誠実、性的な意味で受け入れ難いという意味のインチキという感じです。

  • In days of yore

昔は、いにしえの、今は昔、

  • Peeping in

覗き見る。Peek(こっそり見る、チラッと見る)とは違うので注意。

  • Chin wag

イギリス英語で「おしゃべり」という意味。I had a chin-wag with….という感じに。

  • Loot

戦利品。

  • Ruffians 

ならずもの。Rogue、Scoundrel、Roughneck、Wretchなどが同義語にあたる。

  • Supple

柔らかい、曲げやすいという意味の形容詞。Supple mindでしなやかな心という意味。

  • So be it

それはそれでいい。(もし〜なら、、)

 

本日はここまで。

ではまた。

クリックいただくと幸いです。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

コメント